salon de chirimen web shop
http://www.chirimen.com/

9 septembre 2013

47

ヴィンテージのシェルボタンはナチュラルな雰囲気を出したい時にあしらってみます

昔のシェルのほんのすこーしマットな感じの艶感が好きで、
買い付けに行く時アサギ氏にいつもくどくどお願いして、
タイミングがあったら、沢山買っておいて下さいねというのが口癖になっています~笑。

ヨーロッパの色合いや質感が絶妙なベイクライトやセルロイド、初期のプラスチックのボタンも
大好きなのですけど(・・つまりヴィンテージ・ボタンが好きなのです) 、
シェルのコンディションの良い物はなかなか出会えないらしく、買ってきてもらえないので 
大切に使っております

今回はアクリルのリングボックスに星形のものと、円形を使い、センターにはヴィヴィッドカラーの
パーツをあしらいました。

chirimenベアにはハートのラインストーン。
リボンはベージュに黒ドットでパリシックな雰囲気に

どんなジュエリーケースや、ドレッサー・・・お客様がどこにリングケースを置かれても雰囲気を壊さず
かーつ、可愛らしい と思って頂けるように、
アサギがパリのアンティークショップのマダム達から密かに学び取っているコツを、
たまに帰ってきては私たちが教えてもらっています。

一番のポイント。それは『ちょっと外すこと』です。

例えば、ヴィンテージシェルの素敵な雰囲気を最大限に生かすのに、
全てをナチュラル系にしてしまうと無難ではありますが、魅力が半減してしまいます。

かといって、あまり派手なものの割合を多くしてしまっても、ゴチャゴチャしてしまって
訳がわからなくなりますので、ポイントポイントでラインストーンを入れたりします。

このリングケースの場合は、ナチュラル&ちょっと可愛らしいイメージで作ったので
chirimenベアの首元に付けたラインストーンはハートのものにしていたりします。

37


ちょっと大袈裟ですけれど、シャネルの洋服や小物が素敵なのは、
全身ハイブランドで固めている女性を想定していないところだと、
パリのジュエリー屋さんたちは褒め称えるそうです。

ハイブランドと言われるショップの中でも、これはかなり珍しい、誇り高いことなのです

どんなお店も、上から下まで全部揃えてくれた方が嬉しいですからね。

でも、お洒落は遊び心と賢さが程よくないと素敵なものでなくなってしまいます。
堅苦しいもしくは息苦しいものと感じられてしまった途端に

どんな美しい物もどこか生気が失われてしまうものなのです。


この写真では、旧西ドイツのヴィンテージのグリーンのレース地に、
ミニ香水瓶を一緒に置いて撮影してみました。


香水瓶は現代のものですけど、
テリアのアンティークのピンクッションもバッチリ相性があうのは、
この時代の物達がもつ、包み込むような存在感だからこそだと思います

salon de chirimen(http://www.chirimen.com/)







こちらの2つのランキングに参加しています
クリックして頂けると嬉しいです☆
  
にほんブログ村 

人気ブログランキング人気ブログランキングへ

chirimen_antique at 20:32
ラッピングボックス 
お勧めアイテム♪
珊瑚のゴダールカレ18金製リング
godard-carre et corail craquant
珊瑚のゴダールカレ18金製リング
クラシカルルージュのガーネットリング シルバー925製
un rouge et grod fut / avec Silver 925 et Garnet(nature)
クラシカルルージュの
ガーネットリング シルバー925製
蝶のダイヤモンド18金製 ゴールドリング
paris-papillon est tres brille
蝶のダイヤモンド18金製
ゴールドリング
10K ゴールドのパールリング
noble- blanche ou neige victorian 10K ゴールドのパールリング
ティアドロップ・ブルートパーズとダイヤモンドの10金クラシカルリング
ティアドロップ・ブルートパーズとダイヤモンドの10金クラシカルリング
パリ・ゴシック・スクエアのゴールドリング
パリ・ゴシック・スクエアの
ゴールドリング